2007年06月20日

琉球ガラス排除命令・魔法のフライパン・麻婆ナス

070620_01katabui_sea.jpg
起きたら、西の海上ではカタブイしている。

morning070620_all.jpg

070620_03bl.jpgで、すっきりとした青空。風も爽やかなだし、そろそろ梅雨明け宣言がでるかな?

今朝は、昨日の残りのパンでサンドイッチ。今日は、キュウリ、ハム、レタス、卵をそれぞれスライスして順に重ねてみた。ちょっと具が多くて、圧縮が足りなかったのでちょっと食べづらいけど。
それとナスに切れ目を入れて両面をこんがりと焼いてめんつゆをかけてちょっと煮てから鰹節をかけたもの。
オムレツには、ピーマンと玉ねぎを刻んで焼いてからマヨネーズドレッシングで和えて卵を加えて混ぜて焼いたものに、トマトソースをかけたもの。


中国歯磨きまた毒性物質らしい。
またかぁって感じだけど、まぁ、ホテルの歯磨き粉って使わないからよく見たことないなぁ。

magic_frypan.jpg

朝、洗い物をしていると宅配の人が、「代金引換で鍋が届いてます。26,050円です。」とインターフォン越しに言う。ん?そんなのは注文した憶えがないなと思いつつ、今は持ち合わせがないしで、不在票を入れてもらってあとで連絡してもらうことに。
で、しばらく考えたらあっ!3年位前に注文した錦見鋳造の魔法のフライパンのことかも!
で不在票を見たら確かにそうだ。で、電話して改めて届けてもらった。箱は意外と軽かったけど、出して手に持ってみるとやっぱりずしりと重い。でも見ただけで美しいカタチと美味そうな料理ができそうな雰囲気があるなぁ。

さてさて何作ろうかな。

今なら、2年6カ月の待ちで済むようだ。
私の場合は、2005年04月11日に注文した時は3年待ちだったけど、2年2カ月程で届いたことになるから、きっともっと早く届くはず(^^;

「琉球ガラス村」に排除命令=最高8割はベトナム製−公取委

以前から琉球ガラスの多くはベトナムで作っているのは知っていた。沖縄から技術移転し、開発輸入のようなものだから実質は同じものだと言ってもいいとも思っていたりもした。100円ショップで売られているものもお土産屋でその数倍で売られているものも同じもんだったりする訳だ。そもそも琉球ガラスの定義って何だろうとも思ってた。野菜とかは確かにその土地で作られると違いは出るし、陶器にしてもその土地の土が重要だけど、ガラス製品はデザインが重要になる。アメリカのブランド品だって大体がメイドインチャイナとかタイワンだったりするけど、それに文句を言う人はいないよな。ってことは琉球ガラスはまだまだブランドには程遠いってことなのかもしれないね。

琉球ガラスで排除命令 3事業者「ベトナム産」明示せず

先の時事通信社の記事では説明不足だけど新報の記事はもうちょっと詳しい。こちらでは要するにベトナムで作ることが悪い訳ではなくて原産地の不当表示を戒めている。業者側が、ベトナム産と堂々と書かない姿勢に問題がある訳で、自分たちが作っているものに対するプライドより沖縄と言うブランドに頼っているとも言えるよなぁ。

mabo_nasu070620.jpg

チンジャオロースにしようと思っていたら、娘は麻婆ナスの方が好きだって言うのでナスもあるし、予定を変更。たっぷり目の油を注いでナスをまず下揚げ。フライパンの油回しにもなっていいかも。あとは、ニンニクと豆板醤で、三枚肉を包丁で挽き肉にして下味をつけたものを弱火で炒めてからナスを入れる。鶏がらスープにオイスターソースに白醤油少々を加えたものを廻し入れて煮立てたら、水溶き片栗粉でとろみをつけたら出来上がり。ご飯が進むねー。このフライパンやっぱり使いやすいなぁ。

ミートホープだっけ?牛肉と偽って豚肉を混ぜたり、豚肉そのものを牛挽き肉にしてたりしてたってニュースが流れていたけど、まぁ毒じゃないだけましではあるけど、なんとも志しの低いものだ。冷凍コロッケとか買わないから分からないけど、いろんなもの混ぜていたら本来の味なんか分からなくて牛だと言われればそんなものかって思ってしまうものかもしれないねぇ。

でも、回収しなくってもいいんじゃないかって思ったりもする。それより半額とか無料で配ってしまうとかできないんかねぇ。
牛より豚の方が美味いくらいだしな。
消費者の人が開けてしまった袋でまだあといくつか残ってるけどもう食べられませんってのも変だ。豚アレルギーとか宗教上、豚を食べちゃいけないってのならともかく。

しかし、テレビを見ていると20年位前から偽装してたみたいだし、腐りかけの肉も使ったりしてたなんて内部告発されてるなぁ。

スーパーで売っているのは色見れば分かるけど、巧妙に着色されていたりすると見た目じゃ分からないかも?ユニオンとかだと原産地が表示されていて、合挽だとオーストラリア産牛40%県産豚肉60%みたいに書かれてはいる。しかしいつも思うのだけどどの部位を挽いたのかは分からないね。白っぽいのは三枚肉と言うか脂のあるところが多い部分だろうなとは分かるけど。それに挽き肉って消費期限が短いのは売れ残ったのを挽いているような気がしないでもない。

って訳で挽き肉は、ちょっと面倒だけど、なるべく自分で作るようにしている。三枚肉だと脂が多いので包丁で刻むのはなかなか大変だけど、やっぱり味も食感も違うのでいいな。こういう時は、家庭用のミンサーが欲しいなぁとも思ったりするのだけどまたツールが増えるのはなぁ(^^;

それより中華包丁が欲しい。あれでニンニクとかバンッって潰したりするのを見るとむらむらと欲しくなるのだけど、デカいから包丁立てに入らないかもだなぁ。

人気blogランキングへ

Okinawaweb.com





ラベル:沖縄 料理
posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。