2006年12月16日

つけ麺・チーズフォンデュ

tsukemen061216.jpg
昨日は、今日は朝から雨で一番の冷え込みになるって予報だった割には寒くもないし、雨も降らないと思っていたら昼すぎから雨だ。気温は22.5℃くらいだな。

それはさておき、ラーメンの記事書いていて、つけ麺大好きの話をまとめていたら久し振りに、あがりのつけ麺が食べたくなった。最後に食べた時にちょっと味が変わったかなぁと思ったし味を確かめたくなった。もう無性に食べたくなったのだ。そうこうしてるうちに、あがりじゃなくてもつけ麺なら何でもいいやと言う気分になった。出かけるの面倒だし。
と、ふとそれなら自分で作ればいいじゃんと言う考えが浮んだ訳。考えてみれば自分で作ったことないなぁ。
普通のラーメンをつけ麺にして食って美味いかどうか分からないけど、似たようなもんだしともかくやってみることに。

チャーシューはないし作ってる訳にもいかないので冷蔵庫の牛肉を薄い出汁醤油で煮るようにいためて代用。ゆで卵にもやし、やわらかメンマと生わかめと大葉。出汁は熱々でちょっとだけ濃い目にして準備終り。

大急ぎで写真撮って、早速試食。おおっ、思ったよりずっと美味いわ。なかなかいけるぞ。ただし普通のラーメン作るより面倒ではあるな。丼もふたついるしね。 ベースにしたのは、平成元年とりガラしょうゆ。

all1_sawa061216.jpg

雨は止まないし、風も強い中をフォンデユ鍋一式をリュックに入れて、風の抜ける傘を差して那覇に向かう。この傘は大きいのだけど、風が抜ける構造になっているので強風の時で煽られても傘がひっくり返ったりしないのだ。しかし長袖シャツにジャケットをひっかけていたのだけど、ちょっと寒いね。

栄町のさわでぃーについたら早速チーズフォンデュを開始。エメンタールとグリュイエールチーズは、生方さんが楽天の「ロックフォール」と言う店から取り寄せたもの。100g215円と安い。リウボウあたりだと75gで420円もするのでかなり安い。もともとチーズフォンデュは固くなったチーズや余りもので始めたものだからこれくらいで十分のはず。2kg購入したそうだけど、写真はそのうち1kgをおろして小麦粉を適量混ぜたもの。具は、パン、ソーセージ、チョリソ、ブロッコリー、ヤングコーンにプチトマト。ジャガイモがないなぁと思っていたら忘れていたらしい。

all2_sawa061216.jpg

ワインを注いだらアルコール分を飛ばして少しづつチーズを入れてかき混ぜながら溶かしていく。溶けたら、キルシュとコショーにナツメグをふりかけて準備OK。キルシュは、サクランボを発酵させ、単式蒸溜器でゆっくり蒸溜してできるブランデーで、お菓子作りなどによく使われるもの。ドイツではキルシュヴァッサーと呼ばれているらしい。あとは、串に具を刺してチーズを絡めてひたすら食べるだけ。とろりチーズでうまうまだね。シャンパンもワインも次々に空いていく。

途中でレタスも登場したけどこれもチーズに結構あうね。キャベツや白菜とかも下茹でしてからくるっと巻いてチーズつけてもあだろうな。芽キャベツだともっとよさそうだし。トマトは少しの間つけっぱなしにして十分熱を通した方が美味。チーズとトマトは相性いいものね。トマトソースで伸ばしたトマトフォンデュってのもいいかもしれないなぁ。なぜか鴨のテリーヌも登場。

前回のすっぽん鍋の時に出て美味い刺身だなぁと思ったのは、今回もとても美味い。聞いたら、市場の「はやと」というお店のらしい。今度行ってみるかな。この刺身をチーズに浸けようと言う人がいたのだけど、思いとどまってもらった(^^; 軽く衣をつけて焼いた白身魚だったらあうかもしれないけどね。鶏のささ身とかもあいそうではある。まぁ、なんでもいいんだけどね。

people2.jpgと言う訳で、今回も美味しくも楽しいひと時だった。来年1月中旬からさわでぃーのお昼から夕方までは、生方さんが料理を出すそうだ。生方さんは沖縄に引っ越してきたテルミン奏者でもあるのだけど本人は料理の方が才能あると言っているようにとても料理が巧い。チキンマサラやフェジョアータとか絶品なので楽しみだな。


人気blogランキングへ

Okinawaweb.com





posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。