2006年09月18日

若摘み焼き海苔・沖縄天ぷら・牛丼復活祭

tenpura_up.jpg

今朝もおむすび修行をば。
思うに、大きめに握るより小さ目に握った方がいい感じみたいだ。
今日は、おかかと佃煮にさらに高菜を刻んだものをいれてみた。


111海苔は、ちょっと前に恩師でもある藤山先生の奥さんにいただいた風雅という会社の若摘み焼きのり。
パリッとしているのは当たり前だけど香りがいい。

藤山先生は、県立芸大の最初の講義で、いくつかの海苔を学生に試食させてどれが一番いい海苔かレポート書かせたらしい(^^;


060918_02.jpg台風一過で秋深まるなんて書いたと思ったら、今日の涼しさは何だ?
窓を開けていると肌寒いのを越して寒かったくらいだ。
半袖やめて長袖にしようかと思ったくらい。
それなら窓閉めたらいい訳だったのだが。
さて今も肌寒い以上なんだけど、幸い風がないのでちょっと二の腕がひんやりする程度。
台風14号のヤギさんは、停滞してウロウロしてるようではあるけど、そろそろ西に動き出しそうな感じ。
NAVYの予報だと、これは沖縄じゃなくて本州に向いそうな感じだなぁ。



tenpura_up.jpg

今日は、小麦粉に卵と水で溶いてから揚げたのでウチナースタイル。でも食べるまで中身が何か分からないと言う程じゃない。
そもそもあれだけ衣を膨らすにはどうしたらいいのかな?

nasu_karashi.jpgゴーヤー、ナス、グルクン、ムラサキイカ。
やっぱりナスはいいなぁ。ゴーヤーも苦味と甘味があわさって食感もよくていいね。
ナスは塩揉みしてから辛子をまぜてみたけど、つーんとしてこれも美味い。


牛丼復活祭
さて、今日は吉野家の牛丼の復活祭。もれなくオリジナルの手ぬぐいがもらえるらしいと言うのでちょっと心が動いたりもしたのだけど、やっぱり私は食べない。でもこの話題でブログも、もちきりみたいなところがあるね。味が変わったとか変わってないとか1.5時間並んだとか等々。テレビで見ていると輸入した部位が今までと違うので厚みも違うし、それにあわせて味付けも変えているのだそうだ。と言うわけで味が違っているのは当然なんだろうね。もっとも前の味を憶えている人もそうそういないと思うので、懐かしさと感動?が先にたっているんじゃないだろうか。
吉野家でも牛丼を作ったことのないスタッフも多いらしいし、ベテランでも久しぶりなので訓練しないと上手く牛をお玉でよそって丼に載せられないらしくてその模様を映したりもしていた。
さて、売上げの方はどうだったんだろうね?

人気blogランキングへ

Okinawaweb.com



ラベル:沖縄 料理 牛丼
posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。