2006年08月28日

秋の気配・地獄そば・グルクマ

kitanaka_jigoku.jpg

さーふーふーのそばを食いに行ったら開いてない。
うーむ、ランチタイムの看板はどうやら違うみたいだなぁ。
人が入らないからやめたのかもしれん(^^;



で、久しぶりに、北中そばに行ってみた。
地獄そば食ってないしなぁと。

で、食べてみた。650円。
辛さ的には、まぁ地獄の1丁目位かな。
うちの娘でも食えそうな感じ。
まぁ、あんまり辛いと食べにくいだろうし、こんなものかも。
野菜そばを辛くしたような感じ。
詳しくは、おきぐるの北中そばの地獄そばの記事を読んでね。

060828_01.jpg 060828_02_g.jpg

今朝の空は、荒々しく刷毛で雲を描いたような感じ。或いは、飛魚が飛んでいるような感じでもある。昨夜は蒸し暑かったのだけど、今朝は風が爽やか。
ちょっと秋の気配か?

とは言え、日中はそれなりに暑くなりそうな感じでもあるね。
さて、日付変更線を越えてきた台風12号の進路が気になる。
猛烈な台風らしいし。

060828_04w_cloud.jpg 060828_08xcloud_heli.jpg

060828_09xcloud_g.jpg 060828_10xcloud_g.jpg

台風はまだまだはるか東の海だけど、台風前にも似たような夕暮れ空だった。雲がX型に交差したり、ちょっと毒々しくさえあるね。

060828_11bird_g.jpg

暗くなった東の空に残照を受けて白く浮かび上がる雲が幻想的な雰囲気を醸し出している。雲の巣から飛び立ったフェニックスのようにも見えるなぁ。

gurukumar.jpg30cm以上ある沖縄近海で捕れたグルクマーが1匹150円で売っていたのでバター焼きにでもしようと買ってきた。
ビタローが半額の350円だったりしたんだけど、150円に負けた(^^;

まずは塩を振ってしばらく置く。
フライパンに、入るかと思ったけど、頭と尻尾がやっぱり邪魔で入らない。仕方ないので頭と尻尾を落とす。
オリーブオイルとバターを溶かしたフライパンでじっくりと揚げるように炒める。ニンニクも入れる。余ってたレタスもちぎっていれてみる。


gurukumar_butter.jpg皿で頭と尻尾をくっつける。

なかなかのボリュームなんで娘と二人で充分な量。
なかなか美味かったけど、バター焼きにするにはちと大きかったので、三枚におろしてから調理した方がうちではよさそうだなぁ。

グルクマーはサバ科なんで、塩焼きや味噌煮もいいかもというか、そっちの方が美味そうな感じもするな。
東南アジアでは、グルクマーは水産上の重要種でだけど、日本では沖縄ぐらいしか漁獲されていないらしい。


首里・那覇方言音声データベースによると、グルクマーは、たかさご。グルクン gurukuNともいう。と書いてあるけど、これは間違いじゃないの?
グルクンは、同じスズキ目だけどフエダイ科に属する魚だし、見た目が随分違う気がするんだけどな。

ところでグルクンは沖縄県の県魚だけど、復帰した時にすぐに指定されたのだけど、日本で一番最初に指定された県魚でもあるそうだ。まぁ、大阪の県魚とか聞いたことないしな。他の県にはその頃なかったのかなぁ?

人気blogランキングへ

Okinawaweb.com



posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。