2008年12月18日

六厘舎・初代亀蔵千枚漬け・銀杏・マルちゃんの昔懐かしい中華

081218_01.jpg
朝届いた、東京都内屈指の行列のできる六厘舎のつけ麺。

極太でものすごい濃厚なものを想像していたら、

zen_6rinsya.jpg

確かに濃厚なんだけど、まろやかで、しかも他の濃厚なラーメンにはない抽きというか、キレがあって一線を画す味だ。これは美味い!
詳しくは、おきぐるの六厘舎のつけ麺の記事へ。

ginnan_2pack.jpg

前回買いそびれた銀杏を今回は買って来た。やや小粒なのは高月の駅で。1パック200円。あとでもう1パック買おうと思ってたら売り切れていたので、もう1袋の方は長浜の商店街で。そこには250円のと300円のがあって、よく見たら粒の大きさが違う。で買ったのは大きい方。

ginnan_3bottle.jpg ginnan_plate2.jpg

どちらでも封筒に入れて電子レンジでチンしたら簡単と言われたのだけど、そもそも電子レンジは壊れているし、それに電子レンジ自体なるべく使いたくない人だったりする。で、フライパンで炒れば、殻も割れるだろうと中火でやっていたらパチーンと爆ぜた(^^; 蓋をすれば問題ないかと言えば、爆ぜると中味もひどい具合になったり。
うーん、やっぱり先に割らないとダメか。で、ペンチで割ってから焼くことに。力の入れ具合を考えないと割ると言うかつぶしてしまったりするけど、コツを覚えたらなんとか。

粗塩に昆布粉を混ぜて、それにつけて食べるとやっぱり、うまーい。

ところで、銀杏ってこの固い実を土に埋めておけば芽が出るのかな?

kamekura_pk.jpg

六厘舎と同時に届いた初代亀蔵の漬け物。メインは本格千枚漬けで、これは厳選した蕪の中心部分の一番いいとこだけを、塩と昆布で漬けたもの。
senmai_yuzu.jpgこれはあとにすることにして、柚子の香り切り千枚漬けを味見してみた。すっきり甘い汁にシャキシャキの千枚漬けが美味い。味見とか思ってるうちに全部食っちまった。柚子の皮もほんのりした苦みと香りがとてもいい。

青じそ白菜も、壬生菜(みぶな)もうまうま。
高月菜も美味いけど、上品さではこちらの方が上だな。

natsukashi_chuka_pk.jpg natsukashi_chuka.jpg

で、マルちゃんの昔懐かしい中華そば。フライドガーリックと焼きメンマを加えてみたけど、まぁまぁ、こんな味か。


Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET





人気blogランキングへ

Okinawaweb.com



posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。