2008年12月17日

霧の琵琶湖・ヤンマー会館・高月菜・山川酒造・麺屋ジョニー・鳥喜多・おうみや・セテール

081217_01biwako.jpg
ホントは、長浜で過ごして早めに神戸にとも思っていたのだけど、

kouyou_nagahama081217.jpg前夜、有機栽培をしている高月菜で、いつ頃に見れるかと聞いたら今ちょうど時期ってこと。
明日見てくださいとのことだし、案内してくれる方も現れたので、朝、霧の琵琶湖を見てから列車で高月へ戻ることに。


yanmar_02g.jpg

yanmar_bell.jpg軽トラックで迎えに来てくれた方と共に 東阿閉(ひがしあつじ)へのヤンマー会館へ。畑はこのドイツ風の建物の裏手にある。じつはこの建物は公民館なのだ。100戸余りのこの集落に似つかわしくない建物だけど、不思議と景色にそれほど違和感がなかったりもする。ここはヤンマーの創始者である山岡氏の生まれ故郷なんだそうだ。
少し離れたところにはヤンマーの工場が村の中にあったりもする。

takatsukina_field.jpg takatsukina_z01.jpg takatsukina_zen2.jpg

それはさておき、初めて見た高月菜は、思ったより葉っぱが大きく、抜いてもらうと、根っこの方は蕪のようでもある。この野菜の正体はよく分てないのだけど、アブラナ科の植物でこの土地の伝統野菜の一つなんだろう。葉っぱをちぎって食べてみると、まったくエグミもなくとても爽やかな風味だし、茎もシャキッとしていて美味い。後味も残らないし、こういうのを太陽の香りとでも言えばいいのかもしれない。

takatsukina_sara2.jpg

cannonfoods_in.jpg加工場に案内してもらったら、ちょうど味噌作りの最中。びっくりしたのは米にそれぞれ名前が書いてある。持ち込んだ米でそれぞれの家庭の味噌をここで作ってもらっているんだそうだ。うーん、これはすごいなぁ。
で、高月菜の漬け物。今まで試食していたのは1ヶ月以上漬け込んだものだったけど、10日目のを試食させてもらった。まだ浅いと言っていたのだけど、さっき生で食べてみたのを考えると軽く塩もみしたくらいのも美味いんじゃないかと思ったから。で、これが実に美味い。葉の部分はまだ素材本来の香りが残っていて旨味があるし、茎の部分はほのかな酸味と甘みのバランスがいい。一番いいとこだけと茎の部分とかを分けて販売しても付加価値を高めることができそうだ。まともな漬け物が少なくなった一般のスーパーだけに貴重な存在になりそうだ。

keyaki_yahata_bottom.jpg

高月には槻(ケヤキ)の木が多いけど、これはその十選の中の一つ。一番大きいそうだけど、背丈が、と言うより幹廻りや風貌が立派だ。

yamaoka_syuzo_r.jpg yamaoka_syuzo_tank2.jpg

そのあと、今度は酒造所に案内してもらった。130年近い歴史を持っていて今は四代目だそうだ。今の工場は別棟のプレハブ風の大きな建物だけど、今は使ってないという昔の建物は、なんとも味がある。最盛期にはここに十数名の杜氏の方たちが住んでいたんだそうだ。
今回開発中の新しい清酒のサンプルを瓶に詰めてもらい仮のラベルを貼っていただいた。ラベルは作るのでなくてもよかったのだけど、結果としては貼っておいてもらってよかったと思ったのは空港での荷物検査の時。すぐに酒って分かるからね

shio_joniee.jpg

最後は、湖北町の麺屋ジョニーへ。なんか風に吹かれて豆腐屋ジョニーみたいだ。店の外観は、なんだか以前はカフェかケーキ屋みたい。1年程前にオープンしたそうだから前のままの建物なのかも。店内は黒で統一されたシックな感じで今風なラーメン屋だ。
塩を注文したけど、自家製麺がうまく、甘みのあるまろやかな味で柚の香りがとてもよかった。
詳しくは、おきぐるの麺屋ジョニーの記事へ。

oyakodon_zen_torikita.jpg

いったん長浜に戻って、黒門市場のお気に入りの店で買い物して、言ってみたかった親子丼が有名な鳥喜多へ。生卵が載せてあるのが特徴的だけど、混ぜ合わせると味がくどくなるように思える。あちこちに絶賛されている味とは思えないけど、並ばないなら普通に食べてもいい食堂ってところだろうか。
詳しくは、おきぐるの鳥喜多の親子丼の記事へ。

takoten_oumiya.jpg

三宮に着いて、空港に行くにはちょっと時間があったので久しぶりに駅の周辺をうろちょろ。ラーメン屋がやたら目につくなぁ。が、ラーメンの気分でもお腹具合でもないし、タコ天婦羅が食べたくてガード下に見つけた明石の昼網から直送される明石ダコとある、おうみやに入ってみた。ビールも美味かったけど、久しぶりに食べるタコ天婦羅も美味いなぁ。店は違うけど、タコの天婦羅が美味いと思わせてくれたのも三宮のとある店だった。
詳しくは、おきぐるの居酒屋おうみやの記事へ。

mixyaki_se.jpg

神戸の綺麗な夜景を後に那覇へ。本島上空からも綺麗な夜景だった。
ゆいレールでパレットまで行ってから歩いて久しぶりにセテールへ。
いつもビールしか飲まないことが続いたので久方ぶりにイカ焼きを。
お任せで頼んだ今までで一番豪華なのをいただいた。ニラ、卵、コーン、ベーコン、韓国唐辛子、チェダーチーズ2枚に、もちろんイカ入り。青唐辛子の辛みが全体を引き締めていてボリュームもあって美味い。
詳しくは、おきぐるのイカしたカフェセテールのイカ焼きSPの記事へ。

あとからやってきたIさんがコザに帰るっていうので自宅まで送ってもらえたのがありがたかった。ありがと∼。帰ってちょっとしたらバタンQ


Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET





人気blogランキングへ

Okinawaweb.com



posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。