2008年09月21日

サフランモドキ・長城飯店・ウッカガー(金武大川)・たぬき・バーバー・雲雲雲・ハラミ煮込み・焼きそば

080921_03cl_tower.jpg
夏のような空と雲だ。

sahuranmodoki_3_g_080921.jpg

サフラン擬
今年はすごくよく咲いてくれるので、ちゃんと調べてみた。

【和名】サフランモドキ
【別名】ゼフィランサス、レインリリー (Rain lily)
【学名】Zephyranthes carinata (Zephyranthes grandiflora)
【科名】ヒガンバナ科 AMARYLLIDACEAE (ユリ科 LILIACEAE)

サフランモドキは、中央アメリカ原産の多年草。日本にもたらされたのは、江戸時代のことだったとか。1845 年に渡来したともある。観賞用に栽培されるほか、比較的暖かい地域では人家周辺などで野生化しているのが見られるらしい。

日本に渡来した当時は間違って「サフラン (Crocus sativus)」と呼ばれてけど、本物のサフランと区別するために後にサフランモドキと改名したらしいが、花色、大きさなど、それほど似ているとはいえないかも。サフランはアヤメ科の植物だし。

sahuranmodoki_2_080921.jpg sahuranmodoki_2b_080921.jpg sahuranmodoki_4_080921.jpg

地下の鱗茎は直径2cmほど、以外にも小さな球根植物。葉は長さ30cmほどの細長〜い線形で3枚〜6枚が「束生」。ちょっと分厚くて濃い緑色。全体に無毛。

花期は6月〜9月。10cm〜30cmの花茎をのばして、先端に紅紫色の花を1つずつつける。直径は6cm〜8cmほど。花弁に見える「花被片」は6枚、縦すじが目立つ。花被片は内花被片が3枚、外花被片3枚からなるが、ほとんど同じ形で同じ大きさ。花被片の基部の方は少し白っぽくなって、くっついて筒状になっている。雄しべは6本で、先の「葯」は長く「花糸」にT字型について、オレンジ色でよく目立つ。雌しべは1本、白くて雄しべよりも長く突き出している。先端の柱頭は3つに裂ける。「子房」は花被片よりも下につく「子房下位」。

ちなみに、属の学名「Zephyranthes」というのは、ギリシャ語の 「zephyros(西、西風)+ anthos(花)」が語源。また、雨が降った後、数日後に花が咲くということで、「レインリリー」とも呼ばれている。

だから今年は、よく咲くのかな。

ebiramen_chojo_h.jpg

遅い昼はみどり町の長城飯店のえびラーメン。
とっても素直なエビタンメンって感じ。
ここは種類は少ないけど中華バイキングが600円らしい。
多分、濃すぎない味で美味いんだろうなと思う。
食べ残しは100g→200円とか書いてあるのがおもしろい。
詳しくは、おきぐるの長城飯店の記事へ。

金武に行ったら、長楽の豆腐ようパスタが食いたとこだけど、初めてウッカガー(金武大川)に寄ってみた。

09water_pond_okawa.jpg

1日の水量が1,000tって言うけど、確かに豊富だ。それにとても綺麗に見える。
向いと隣りは公園だし、裏道を走ってもステキなところ。
詳しくは、おきぐるのウッカガー(金武大川)の記事へ。

15basyo_kin.jpg 080921_04.jpg

芭蕉の葉っぱはコントラストがいいね。
逆光の雲の縁と内側の色が好き。

take_tanuki_fasard.jpg何度か見てはいるんだけど、夜は電気が点くのかどうかは未確認。
この店は竹と言う名前なんだけど、なんで、たぬきそばありますって看板の方が遥かに目立たせているのはなぜなんだろう?
それ程、たぬきそばに思い入れがあるんだろうか?
それとも金武の人は、好きなんだろうか?
まぁ、それならもっと看板がありそうではあるけど。

barbar_koza.jpgそれに、たぬきそばってのは地域によっては解釈が違うので、ここのはどんなだろうかと興味は尽きない。
うーん、金武に一泊してみたくなってきたぞ。

もうひとつは、胡屋十字路のバーバー。
最近赤と青のクルクル廻るのは余り見ないけど、ここのはすごい。
合計8本がクルクル回っているぞ。

arikawa_expo_pz.jpgプラザハウスに寄ったら明日までだけどKO-HEI! ARIKAWA展をやってるようだ。
見ようかなとも思ったけど500円だし。今回はパス。

080921_05cl_or_tower.jpg 080921_05cl_or_z.jpg

1枚目と同じとこだけど、全然違う風景に。
目を南に転じると積乱雲がシャーベットオレンジ色。

080921_06cl_sea.jpg 080921_07cl_s.jpg

また西にすると、なんとも言えないシックな雲。
またまた南東を見ると、積乱雲いオレンジの雲。

harami_nikomi.jpg harami_kimuchi.jpg

ハラミを生姜とニンニク入れて、味付けして落とし蓋して1時間半程煮込んでみた。一見、砂肝みたくにも牛筋みたくも見えるけど、皮も身も柔らかく美味で、酒のつまみにもいいね。

yakisoba080921.jpg

ソース焼きそばには、なぜか紅生姜が似合う。


Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET





人気blogランキングへ

Okinawaweb.com



posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。