2008年07月22日

月苑飯店の酸辣湯麺・シチリア島の塩とライム・まぜ昆布麺

080722_01.jpg
時々雨は降ったりはするものの、いい天気の日が続く。ダムの貯水率もじりじり下がって、71.8%だ。

080722_02kanatoko.jpg 080722_03kanatoko.jpg

東の空のこれは金床雲だろうか?しばらくしたら、大夫と広がっていた。

月苑飯店の夏の五麺

fall_pz.jpg

昼は、前日食べ損ねた月苑飯店の酸辣湯麺を食べにプラザハウスへ。14時ちょっと前に着いたのでぎりぎりセーフ。
メニューには、酸辛湯面と書いてあるけど、麺は面でもいいのかな?

sanratanmen_gh.jpg

期待していた程、酸も辣もなくて、とてもマイルドで、麺もゆるゆる。味もあっさりなので、酢や辣油を余り加えても酸っぱ辛くなるだけなので、少し加えながら完食。悪くはないけど、マイルドな酸辣湯に麺を入れただけって感じでちょっとがっかりかも。でも、五目汁そばを思い出せば予測はできた結果かな。
うーん、これなら自分で作った方がよさそうでもある。私が好きなのは、今はないけど、コザの南京食堂の味だなぁ。
詳しくは、おきぐるの月苑飯店の酸辣湯麺の記事へ。

potechi_sichira_lime_pk.jpgファミマで売っていたシチリア島の塩とライムのポテチ。
塩とライムだけにしておけばいいかとも思うけど、添加物もいっぱい。
一応ライムの香りらしきものはしたし不味くはないんだけど・・・。

080722_04cl_or.jpg 080722_05set_g.jpg

毒々しい程の鮮やかさの残光な夕暮れだった。夕方から風がなくなって、なんともじめじめした夜。

まぜ昆布麺

ramen_konbu02.jpg

ramen_konbu02z.jpgで、夜の一杯は、前日の昆布麺を使ってまぜそば風に。まぜそばにするなら濃度が欲しくて、でも、油とかは使いたくないので、昆布と煮干し出汁で使った、昆布と煮干しに出汁そのものを少し混ぜてさらに干し海老を加え、さらにアンチョビを隠し味にしてミルでペースト状にして、さらにそれを網とヘラで漉したものと醤油ダレを合せてしばらく寝かしたものを使用。昆布の香りと味が濃厚なタレ。

具は、チャーシューと味玉、キャベツに青ネギと白髪ネギ。麺との絡みもよくて結構濃厚ながらもしつこくない味でいい感じかな。でも、今回はさらに湯で時間を短くしたけど、それでも固めって程じゃない。やっぱり一度冷水で締めた方がいいんだろうか? 次回は、冷麺風に冷たいスープにしてみようかな。

gajumaru_oki.jpg 行率のできるラーメン店の味がここに集結 私のおすすめのブックコレクションや手元に置いておきたいDVDのコレクションをアマゾンでどうぞ。 上海問屋

リンクシェアなら
1円から報酬ゲット

ダウンロード販売ならDL-MARKET資金・商材ゼロからのネットショップ開業法有料会員制サイト構築法最速情報起業マニュアル「ゼロ戦」Googleページランク表示ツールの生ソースコード「FXで月利30%を達成!デイトレード専用簡単投資術」超催眠ダイエット法

人気blogランキングへ

Okinawaweb.com



ラベル:沖縄 中華 料理
posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。